住みたくなる家 二世帯住宅

 

sumitakunaru

親の世帯と子の世帯の二世帯の家族が住む住宅をいいます。

典型的には親子孫の3世代にわたる2世帯の家族が世帯を別にして住む住宅。三世代住宅ともいいます。

最近では親世帯と子世帯に加え、ご兄弟や祖父母世帯も一緒に住む多世帯住宅も増えています。

世代や考え方が違うお互いの家族の生活スタイルにあわせた住宅プランをご紹介いたします。

宮住では、それぞれの世帯の共有と分離する空間のバランスをタイプ別にしました。

◆タイプ別プラン
タイプ

居室以外の設備(台所、浴室等)の共用スペースを一緒にするタイプから、
設備、共用スペースを完全に独立したタイプなどがあります。

家族構成や息子夫婦と娘夫婦と同居の違いで生活スタイルも違っていきます。

一緒に暮らしていく住まいですので、どのタイプも互いの世帯のプライバシーを守りつつ共有できる場所を

確保することが一番のポイントです。ご家族との同居タイプ別が決まった所で・・・

一つの土地に二世帯、多世帯が住むとなると建て方を考えてしまいます。

次に、世帯の分離度や敷地条件にあったプランをご紹介します。

◆敷地に合せた建て方プラン
世帯別

建て方にもいろいろあります。

敷地に駐車場を二世帯、多世帯分確保となると、スペースが結構とられてしまい

庭やバルコニーを思う広さ確保できない事があると思います。

宮住では世帯の交流の空間を設ける屋上庭園もご提案しております。

okuzyou

 

親世帯と子世帯が1つ屋根の下で生活を送る二世帯住宅です。

同居にはメリットもありますし、デメリットもあります。メリットを最大限に活かして

デメリットを最小限に抑えた、二世帯住宅を考えて建てる事も大切です。

二世帯住宅でのメリット、デメリットを取り上げてみました。

meirro

他にも、日常生活においてのお互いの世帯からの協力や何かあった時のサポートが得られたり

経済的にはもちろんのこと、精神面においても家族が一つ屋根の下にいるという、安心感や

にぎやかな生活がメリットとしては大きいのではないでしょうか。

demeritto

お互いによかれと思って行ったことも、相手の世帯がどのように思うかで

同居のストレスが増えていきます。

干渉しすぎだと、いろいろと大きな問題ですがありますが、また気を使ってお互いに干渉しなさすぎだと

せっかく二世帯住宅を建てた意味がありません。

干渉の度合いは、人それぞれで住んでみてわかる事もあります。

その前にプランとして、お互いの生活ゾーンをきっちりと分け、共有ゾーンを設けてることで

みんなが集まるような二世帯住宅を考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、同居するか別居するかの判断が『相続税』にも影響することはご存知でしょうか?

(まだまだ、遠い将来・・・)と思っておられる方や(一般家庭には縁遠い・・・)と思っておられる方

2015年1月1日から相続税の基礎控除額が4割縮小する為、これまで相続財産が基礎控除額の範囲内で

税金のかからなかった方も、課税の対象になる可能性があります。

souzoku1

souzoku2

souzoku4

souzoku3

souzoku4

 

個人資産の中で大部分を占めるのは土地です。基礎控除額が下がることを考えると・・・

土地という資産を相続する際には、前もってその準備をしておくことが大切になってきます。

特例の要件をクリアしやすい二世帯住宅という相続税対策も一緒に考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは国税庁のホームページもご参照下さい。

国税庁HP ⇒ https://www.nta.go.jp/

 

宮住はお客様とご家族様の生活スタイルに合せたプランを一緒に考え
お客様が住みたくなる家をご提案し、住んでよかった家をつくっていきます。

 

お電話でのお問い合わせ