地域型住宅グリーン化事業

補助金3

2014年度宮住が行っておりましたゼロ・エネルギー化住宅は・・・
2015年度から地域型住宅グリーン化事業
変更になりました。                      太陽光3

地域における良質な木造住宅の供給を支援するもので

「長期優良住宅」「ゼロエネルギー住宅」「認定低炭素住宅」

などへ補助が行われます。
今年は「改正省エネ基準」が4月に完全施行され、家づくりの変革が
求められます。

 

そこで!宮住では新築住宅をご検討の皆さま!

こちらの補助金を活用してみてください!

 

地域型グリーン化事業4

補助限度戸数

ゼロ・エネルギー住宅     1戸

受付期間

2017年9月頃~

 

地域型グリーン化事業3
補助対象となる、木造住宅・建築物は以下の通りになります。

長寿命   高度省エネ   優良建築物

 

地域型グリーン化事業2

補助金一覧

 

主要構造材(柱・梁・桁・土台)の過半において、「地域材」を使用する場合については、

地域材利用に関する掛かり増し費用に対する補助について20万円を上限とし、

国土交通省の採択の範囲で加算します。ただし、あくまで補助金の額は補助対象となる

経費の1割以内の額とします。

 

 

地域型グリーン化事業1

省エネルギー性能や耐久性などにすぐれた木造住宅・建築物に取り組む民間事業者などに

対して補助が行われます。国土交通省が、流通事業者、建築士、中小工務店などの

グループによる【『地域型住宅』精算の基本方針】および【『地域型住宅』生産の共通ルール】に

関する提案を募集し、優れた提案を採択します。

採択されたグループに所属する中小工務店が供給する。

木造の長期優良住宅やゼロエネルギー住宅などに対して補助を行います。

 

問い合わせ

詳細は ▽ ▽ ▽ 事務局ホームページでもご確認いただけます。

地域型グリーン化事業

お電話でのお問い合わせ